夫との運命の出会いから1年。1年前、夫のブログを見た瞬間に「この人と結婚する」と確信した話。

こんにちは、AND KOKOROKITCHEN主宰 / 海外起業家夫婦 江藤三穂(えとみほ)です。

 

先日5月8日は、夫と出会ってちょうど1年の記念日でした。

 

1年前、2019年のその日は、こころキッチンをクローズするという人生最大の決断をし、1ヶ月程経った頃。

そしてちょうど前日5月7日にシンガポールのビザがおり、「さあ、シンガポールへ行くぞ!!」と、未来への期待とほんの少し未知の世界への不安を抱えていた頃。

 

正直、その時の私は、婚活・結婚に対して非常に優先順位が低くなっており、

「元々入っていた婚活のお見合いの予定、とりあえず(←ww)こなしておこう。」

「まあこれで無理だったら、もうしばらく婚活とかいいや。しばらく結婚についても考えるのやめよう。」

・・・というのが、夫と出会う直前の心境でした。笑

 

 

そしてその時、夫はクアラルンプールにおり、私は東京にいたため、最初のお見合いは実はSkype。

(ちなみに2人とも、約半年前から、同じシンガポール拠点の結婚相談所に入会していたんです。これもまたすごい偶然!)

 

元々夫の結婚相談所システム内のプロフィールには「情報発信の仕事をしている」と書いてあり、なんとなく仕事の話も色々通じそうだな。ということは予感していたので、

「結婚とかおいといて、今後のために海外での仕事やライフスタイルについて色々聞いちゃおう。」

と、お見合い約束時間の15分前にPCを開いた私。

 

Skypeの連絡先を見ると「江藤誠哉」と名前があったので、

何気なく「ブログとかやってるのかな?」と検索し、プロフィールのページを読み始めた瞬間・・・

 

 

「ああ、この人だ。」
「私、この人と結婚する。」

そう、わかったのです。

 

まだ顔も見てない(プロフィール写真だけ)、話もしていない、文章を読み始めただけなのに。

思考も、物理的距離も、時間も、理論も、全て飛び越えて。

 

私の魂が、きっと夫のエネルギーをキャッチしたのだと思います。

そして私の魂は、ずっとずっと昔から、夫と巡り会うことをもう知っていたのだと思います。

 

それは、ビビビ、という電力が走るようなものではなく、心の奥底から広がっていく深い深い確信、というような感覚でした。

 

 

その日から、全てが大きく変わっていきました。

 

それまで何人か他の人とお見合いをしても、全く!!!ドキドキもときめきさえもしない、もう恋愛さえも無理なのでは?と思っていた自分が、

夫とSkypeで話し(仕事の話ばかりしていた気がする笑)、すぐに連絡先を交換し、毎日メールをするようになり、度々電話で2時間半程も話すようになり・・・

 

しかも驚くべきことに、夫は私が「こんな結婚がしたい!」と思っていた条件に、全て当てはまる人。

 

例えば・・・

PC1台で世界を一緒に旅しながら仕事したい!となると、思いつくのは「情報発信ビジネス」or「投資」をしている人 →まさにドンピシャ!!

夫婦で発信したい!仕事したい! →一緒に住み始めてから本当に全て実現しました

東南アジア(できればシンガポール)に住みたい!→現在はマレーシアですが、でも今は非常に満足しているし、今後シンガポールに住める可能性も十分あり

食の好みが合う、健康志向 →元々健康意識の高い夫なので、それぞれ食の好みが違うということは全くなく助かっています

などなど。

 

こころキッチン時代から1人で毎月海外へ行き、とことんやりたいことをやってきた私。

自分のライフスタイル、働き方は決して世間一般からすると「普通」ではないということもわかっていたし、理想の結婚の条件も決して「普通」ではない、逆に高望みしすぎだろうか・・・という不安も婚活中はずっとあったのですが、

1つも妥協することなく、全てが一致する人が本当にこの世にいるとは。

 

夫と電話やメールで話せば話すほど、私の「この人だ!」という確信は、強まるばかりでした。

 

そしてその3週間後、いよいよシンガポールで夫と直接会うことになり・・・

 

(懐かしの出会った初日、シンガポールの料理教室!夫はこの時に、この人と結婚したいと思ってくれたよう。)

 

その3週間後に、私が今度はクアラルンプールへ行き、夫から告白してもらい、結婚前提のお付き合い開始。

そしてその場で(まだ会って2回目。笑)、これから一緒に住むことも決まり・・・

 

(一緒に餃子を作りました)

 

その3週間後、3回目に夫と出会ったのは、なんと私の静岡の実家でしたww

私の実家、夫の実家、それぞれに挨拶に行って、両家挨拶のお食事もして、

 

 

7月半ばからクアラルンプールでの二人暮らしがスタート!

8月には「海外起業家夫婦」として2人で発信をし始め、

 

 

9月には正式にプロポーズをしてもらい、

 

 

11月に、京都で入籍!

 

 

2020年も毎月世界を旅しながら、2人で「海外起業家夫婦」として色々な仕事にもチャレンジさせていただいています。

 

・・・と、自分でもまるで何かのドラマか映画かのように感じる、奇跡に満ちたこの1年だったのですが、それでも

全てが自然で、そうなるのが当たり前だった。

そんな1年でもありました。

 

「出会って1ヶ月で結婚!」
「出会ったその日に結婚を確信」

婚活中は、そんな他の人の話を聞く度、そんなの夢物語だと思っていました。

そもそも自分が誰かと結婚しているイメージさえも、持つことができませんでした。

 

でも・・・本当にあるんです。

自分の心を、魂を、磨き続けていれば、きっと神様が最高最善なタイミングで、世界にたった1人の運命のパートナーと巡り合わせてくれるのだと。

そう今、私は心から確信しています。

 

 

1年経っても毎日、

「みほちゃん大好き」
「可愛い」
「愛してる」

そして

「1年経って、もっともっと好きになった」
「みほちゃんと結婚できて本当によかった」
「みほちゃん以外を好きになるなんて考えられへん」

ちゃんと言葉で伝えてくれる、どこまでも優しく、愛に溢れた夫。

 

そして1人が2人になることで、こんなにも人生は彩りを増してゆくと知った、感謝に満ちたこの1年。

本当に、本当に、ありがとう。

 

 

そして、まだまだ人生はこれから!

これからも世界で1番、大切で大好きな人と、人生を共に歩み、そして新しい世界を創造し続けていきたいと思います。

 

今後とも海外起業家夫婦の私たちを、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

関連記事

こんにちは、AND KOKOROKITCHEN主宰 / 海外起業家夫婦 江藤三穂(えとみほ)です。     現在、"海外起業家夫婦"として発信している私と夫(江藤誠哉)ですが、 実は201[…]

関連記事

この数週間は、私たち夫婦の中で本当に色々な出来事があった。 そして深い深い気づきがあった。 そして何度も何度も夫婦で話し合った。   何か、人生を揺るがすような出来事が起こったというわけではない。 2[…]